コロナと健康

コロナと健康ニュースヘッドライン 2020/07/12

新型コロナ対策も…ボランティアセンター設置 被災地では空き巣被害も 日田市・大分

豪雨で被災した日田市天瀬町では、12日、災害ボランティアセンターが開設されました。一方、被災した建物では空き巣の被害も出ています。日田市天瀬町に開設された災害ボランティアセンターには朝から多くの人が集まりました。新型コロナウイルスの感染防止対策のため、受け付けは県内在住者に限定していて検温なども行われていました。きょうは、およそ220人のボランティアが参加したということで土砂のかき出しや家財道具の運び出しに汗を流していました。また、現地では地元の人たちによる炊き出しも始まっていて12日は、あた…
https://www.fnn.jp/articles/-/62177
2020/07/12 22:09

『鬼滅の刃』盗難被害にあっていた温泉施設、その後全国から寄付ぞくぞく 「スタッフ一同、泣いてしまうくらい感謝しています」 (1/2) - ねとらぼ
コロナと健康ニュースヘッドライン 2020/10/11『鬼滅の刃』盗難被害にあっていた温泉施設、その後全国から寄付ぞくぞく 「スタッフ一同、泣いてしまうくらい感謝しています」 (1/2) -...

ボランティア本格化 コロナ、熱中症も配慮―想定上回る参加に感謝・九州豪雨:時事ドットコム


九州各地を襲った豪雨で、家屋が浸水するなどした被災地では12日、休日を利用したボランティアによる支援が本格化した。新型コロナウイルス対策のため県をまたぐ募集は見送られたが、それでも受け入れの想定を上回るほど多くの人が訪れ、復興に向け汗を流した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071200239&g=soc
2020/07/12 20:34

「伊豆稲取温泉」花火&海水浴場イベント開催! 3密を避けたサマータイム / 2020年7月12日 – イベント – クランクイン!トレンド


「伊豆稲取温泉」花火&海水浴場イベント開催! 3密を避けたサマータイム - 新型コロナウイルスの感染対策を考慮したイベント、「稲取温泉 花火演舞」と「磯Sea Garden IKEJIRI」が、伊豆の東海岸に位置する「稲取温泉」にて7月から開催される。
https://www.crank-in.net/trend/events/78505/1
2020/07/12 12:00

コロナと健康ニュースヘッドライン 2020/08/02梅雨明けの海水浴場、自主的にソーシャルディスタンス  [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル  東海地方が梅雨明けし、本格的な海水...

コロナ警戒、外来患者遠のく 佐賀県内受け入れ病院収益減 「症状悪化心配」受診呼び掛け|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

新型コロナウイルスの感染者の受け入れ態勢を整えた佐賀県内の医療機関で、外来患者が減少している。感染リスクを懸念する患者が受診を控えているためで、医療現場からは慢性疾患の悪化を心配する声が上がる。専門家は「病院は対策を徹底している」とし、適切な受診を呼び掛けている。 新型コロナ感染者用の病床を増やす県のプロジェクトに協力し、4月に軽症者を受け入れる態勢を整えた小城市の小城市民病院。7月上旬、待合室の患者数はまばらで、数人が間を開けて座っていた。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/546915
2020/07/12 09:02

コロナ禍に豪雨追い打ち 観光回復への道、寸断 | 岐阜新聞Web


 梅雨前線により記録的な大雨に見舞われた岐阜県飛騨地方では、交通網や道路網に被害が生じ、宿泊予約のキャンセルなど観光面への影響が出ている。新型コロナウイルスの影響から回復しつつあっただけに、地元関係者は「自然には逆らえないが、今後どうなるのか」と深いため息を漏らす。  豪雨により、国道41号は下呂市…
https://www.gifu-np.co.jp/news/20200712/20200712-255686.html
2020/07/12 07:37

コロナと健康ニュースヘッドライン 2020/10/06コスプレイヤー宮本彩希が浴衣姿を披露「温泉入ってあったまりたいね」 | マイナビニュース コスプレイヤー宮本彩希が9月27日、自身の...

「コロナに駄目押し」 源泉に泥、先見通せず―濁流にのまれた温泉街―大分・日田:時事ドットコム


筑後川の支流、玖珠川の濁流にのまれた大分県日田市の天ケ瀬温泉街。1300年の歴史を誇り、老舗旅館や土産物店が川沿いに並ぶ。本来なら観光客が訪れるはずだった週末の11日、旅館関係者らは「コロナ被害に駄目押しだ」と落胆しながら、懸命に泥をかき出した。 温泉街には7日から2度にわたり、泥水や木が流入した。天ケ瀬温泉旅館組合の阿部信明組合長(60)によると、約20軒ある旅館の大半が被害を受け、被災を免れた数軒でもキャンセルが相次いでいるという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071100451&g=soc
2020/07/12 07:14