コロナと経済のニュース 2021/03/12

きょうの国内市況(3月12日):株式、債券、為替市場 – Bloomberg


国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-12/QPUF9TDWLU6J01
2021/03/12 15:45

東南アジア株式・中盤=まちまち、感染拡大と景気懸念でマニラが安い | ロイター


中盤の東南アジア株式市場はまちまち。マニラ市場は値を下げ、下落幅は6週間ぶりの大きさとなる見込み。新型コロナウイルス感染者数の急増と1月の輸入低迷に伴う景気回復懸念が嫌気された。
https://jp.reuters.com/article/%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E3%83%BB%E4%B8%AD%E7%9B%A4%EF%BC%9D%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%A1-%E6%84%9F%E6%9F%93%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%81%A8%E6%99%AF%E6%B0%97%E6%87%B8%E5%BF%B5%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84-idJPL4N2LA1Q5
2021/03/12 15:07

1~3月期の大企業景況感、3期ぶりマイナス サービス業厳しく―財務省・内閣府:時事ドットコム

1~3月期の大企業景況感、3期ぶりマイナス サービス業厳しく―財務省・内閣府:時事ドットコム
財務省と内閣府が12日発表した2021年1~3月期の法人企業景気予測調査によると、大企業全産業の景況判断指数はマイナス4.5となった。マイナスは3四半期ぶり。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の再発令により、宿泊業や飲食業などサービス業の景況感が悪化し、全体を押し下げた。 業種別では非製造業がマイナス7.4だった。サービス業のほか、テレワークの普及や出張・旅行自粛の影響で運輸業も悪化した。一方で製造業は通信機器向けの電子部品の需要が増加するなどし、プラス1.6だった。 中堅企業全産業は…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031200343&g=eco
2021/03/12 11:20

UPDATE 1-NY市場サマリー(11日)S&Pとダウが最高値更新、ドル1週間ぶり安値 | ロイター


(レートを更新しました) [11日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の決定と米国債入札 を受け楽観的な見方が台頭したことで、リスク資産に対する需要が増大し、ドルが1週間 ぶりの安値を付けた。 ECBはこの日の理事会で、正当化できない借り入れコストの上昇を防ぐために、1 兆8500億ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)をこれまでより 寛大に利用していくと表明。「次の四半期にかけて、PEPPの下での買い入れを今年の 初めの数カ月と比べてかなり速いペースで実施すると理事会は予測している…
https://jp.reuters.com/article/ny-markets-summary-idJPL4N2L94X5
2021/03/12 07:11

NY市場サマリー(11日)S&Pとダウが最高値更新、ドル1週間ぶり安値 | ロイター


<為替> ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の決定と米国債入札 を受け楽観的な見方が台頭したことで、リスク資産に対する需要が増大し、ドルが1週間 ぶりの安値を付けた。 ECBはこの日の理事会で、正当化できない借り入れコストの上昇を防ぐために、1 兆8500億ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)をこれまでより 寛大に利用していくと表明。「次の四半期にかけて、PEPPの下での買い入れを今年の 初めの数カ月と比べてかなり速いペースで実施すると理事会は予測している」とした。 財務省が実施した240億ドルの30年債入札…
https://jp.reuters.com/article/ny-markets-summary-idJPL4N2L94SS
2021/03/12 06:51

オーストラリアの景気は「V字回復」へ、コロナをほぼ抑え込み2四半期連続2桁成長 | 西濵徹の新興国スコープ | ダイヤモンド・オンライン

オーストラリアの景気は「V字回復」へ、コロナをほぼ抑え込み2四半期連続2桁成長 | 西濵徹の新興国スコープ | ダイヤモンド・オンライン
オーストラリアは新型コロナウイルスの感染抑制の優等生。ワクチン接種も進展し始めた。2020年は29年ぶりのマイナス成長となったが、足元の景気は国際商品市況の回復、財政・金融政策の総動員もありV字回復の様相を見せている。景気回復期待から長期金利は上昇し、豪ドル高が続いている。
https://diamond.jp/articles/-/265265
2021/03/12 04:32

ラガルド総裁、利回り上昇に積極的に対応へ-債券購入前倒し – Bloomberg

ラガルド総裁、利回り上昇に積極的に対応へ-債券購入前倒し - Bloomberg
欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、債券利回り上昇を積極的に抑える姿勢を打ち出した。いまだ始まらない景気回復を守るため、債券購入を前倒しで実施すると表明した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-11/QPT64NDWLU6Z01
2021/03/12 01:18

欧州中銀 国債など買い入れ早める方針 長期金利上昇に対応 | NHKニュース


【NHK】ドイツやフランスなどユーロ圏19か国の金融政策を担うヨーロッパ中央銀行は、大規模な緩和策を維持したうえで、長期金利の上昇…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210312/k10012910791000.html?utm_int=news-new_contents_latest_with-image
2021/03/12 00:03