コロナと経済

コロナと経済のニュース 2021/01/06

世界の超富裕層はヘッジファンドを求む、配分増加へ-ブラックロック – Bloomberg

富裕層一族の資産を管理するファミリーオフィスはヘッジファンド投資を増やそうとしている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-06/QMI9L4T0AFB401
2021/01/06 21:32

コロナと経済のニュース 2020/10/08南アジア、史上最悪の景気後退に直面 数百万人が極貧に=世銀 - ロイターニュース - 国際:朝日新聞デジタル  [ニューデリー 8日...

米景気の回復期待高まるも…/後場の投資戦略 – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

 前日の米国株が製造業景況感の改善を受けて反発したのに対し、本日の日経平均は伸び悩む展開となっている。ただ、これはファーストリテや東エレクといった値がさ株の下落による影響が大きい。東証1部の値下がり銘柄は全体の3割弱、また値下がり業種は5にとどまっている…
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210106-00539001-fisf-market
2021/01/06 12:26

財新の中国サービスPMI、12月は56.3に低下 3カ月ぶり低水準 | ロイター

財新/マークイットが発表した2020年12月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は56.3で、前月の57.8から低下し3カ月ぶりの低水準となった。景況改善と悪化の節目となる50は引き続き上回ったものの、散発的な新型コロナウイルス流行が消費者心理回復の足かせとなり、新規事業の伸びを抑えた。
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2JH0IL
2021/01/06 11:34

コロナと経済のニュース 2020/12/09東証大幅反発、350円高 ワクチン、景気回復に期待:東京新聞 TOKYO Web 9日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営...

コロナ禍の影響がいまだ心配な2021年。不動産市況と住宅市場はどのように動くのか ~ 時事解説 | 住まいの本当と今を伝える情報サイト【LIFULL HOME'S PRESS】

コロナの影響で乱高下する2021年の不動産・住宅市場はさらに縮小するのか、もしくは消費者意識の変化に対応して再び安定・拡大期を取り戻せるのか、各分野の専門家の見解を聞く。
https://www.homes.co.jp/cont/press/opinion/opinion_00243/
2021/01/06 11:00

感染爆発が先か、ワクチン供給が先か?長期投資で勝つための「景気1サイクル投資」 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 新年の日経平均株価は、2日連続でマイナスとなりました(1月4日▲185円、5日▲99円)。新型コロナ感染拡大を受けて、7日にも1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に緊急事態宣言が発令される見込みとなったことに、不安が広がりました。 欧米…
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/30434
2021/01/06 07:35

CNN.co.jp : コロナ疲れの日本、感染増の東京で高まる反発心
コロナと経済のニュース 2020/08/10CNN.co.jp : コロナ疲れの日本、感染増の東京で高まる反発心 サトウ・アユミさん(34)は、慎重な行動を心掛けている。だが、...

もう会社には依存できない、激動の2021年雇用と仕事はどうなるか | Business Insider Japan

もう会社には依存できない、激動の2021年雇用と仕事はどうなるか | Business Insider Japan
日本の雇用は今、まさに激動期を迎えている。新型コロナの感染拡大は、失業者を増やし採用意欲を冷やすなど雇用面に大きな影響を与えている。一方、リモートワークがかつてないレベルで進み、個人と会社の関係も変化しつつある。コロナ直撃の2020年を経
https://www.businessinsider.jp/post-227021
2021/01/06 07:00

21年世界成長、4%に下げ=コロナ再拡大で回復鈍化―世銀予測 – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

 【ワシントン時事】世界銀行は5日、2021年の世界全体の成長率が4.0%に回復するとの予測を公表した。…
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210106-00000009-jijf-bus_all
2021/01/06 02:09

米ISM製造業景気指数、12月は2年4カ月ぶり高水準 | ロイター

米供給管理協会(ISM)が5日発表した2020年12月の製造業景気指数は60.7と、2年4カ月ぶりの高水準となった。新型コロナウイルス感染の急拡大によって需要がサービスからモノへ移行したことが要因とみられる。市場予想は56.6だった。
https://jp.reuters.com/article/usa-economy-manufacturing-idJPL4N2JG2X2
2021/01/06 01:28