コロナと経済

コロナと経済のニュース 2020/12/07

東南アジア株式・引け=おおむね上昇、シンガポールは下げる | ロイター

東南アジア株式市場はおおむね上昇して引けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新たな景気刺激策が近く打ち出されるとの期待により、欧米各地の市場が前週末に大幅高となった流れを引き継いだ。
https://jp.reuters.com/article/%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E3%83%BB%E5%BC%95%E3%81%91%EF%BC%9D%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%82%80%E3%81%AD%E4%B8%8A%E6%98%87-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AF%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%82%8B-idJPL4N2IN2MV
2020/12/07 20:00

コロナと経済のニュース 2020/07/30「コロナ清浄地域」岩手県も初の感染者…原因は「Go Toトラベル」だった(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース 日本で29日...

ドイツ銀行、アジアの利益率目標を引き上げ 景気回復で欧州に先行 | ロイター

ドイツ銀行のアレクサンダー・フォン・ツァ・ミューレン取締役(アジア担当)は、アジア事業の利益率目標を引き上げることを明らかにした。
https://jp.reuters.com/article/deutsche-bank-asia-idJPKBN28H173
2020/12/07 20:25

歴史が証明“早急すぎるコロナワクチン承認”が招く最悪シナリオ 通常、ワクチン開発には5~10年必要 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

歴史が証明“早急すぎるコロナワクチン承認”が招く最悪シナリオ 通常、ワクチン開発には5~10年必要 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
現在、世界全体で新型コロナウイルスの感染再拡大(日米では第3波、欧州では第2波)が深刻だ。わが国では「Go Toトラベル」事業をはじめ人の移動が活発化したことによって感染者が増え、医療のひっ迫懸念が高まっ…
https://president.jp/articles/-/41154?page=1
2020/12/07 18:00

コロナと経済のニュース 2020/09/28大学共通テスト、受験生広がる不安 導入の混乱、コロナ休校… 出願受け付け開始 - 毎日新聞  大学入試センター試験に代わって初めて実...

焦点:コロナ禍後に「通貨戦争」勃発か、新興国通貨高に警戒感 | ロイター

金融市場では、新型コロナウイルスワクチン開発の飛躍的進展と米大統領選の結果を受けて楽観的なムードが一気に広がり、一部の通貨が非常に速いペースで上昇、新たな通貨戦争の可能性が取り沙汰され始めている。
https://jp.reuters.com/article/analysis-post-covid-currency-war-idJPKBN28H0EC
2020/12/07 15:35

景気動向指数4・9ポイント上昇 10月、5カ月連続の改善:東京新聞 TOKYO Web

内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比4・9ポイント上昇の89…
https://www.tokyo-np.co.jp/article/72916/
2020/12/07 15:28

コロナと経済のニュース 2020/08/17コロナの夏の教訓は「消費税減税」と「金融の量的拡大」 給付金の消費押し上げは一過性、消費税減税のほうが効果は持続する - ITmedia...

景気動向一致指数10月は4.9ポイント上昇、判断は「下げ止まり」継続 | ロイター

内閣府が7日公表した10月の景気動向指数(速報値、2015年=100)は、指標となる一致指数が前月比4.9ポイント上昇の89.7となり5カ月連続で上昇した。小売りや投資財の出荷が伸び、1985年以来の現行基準で2番目の上昇幅となった。もっとも、指数の水準は新型コロナウイルス感染拡大前と比較して依然として低く、7カ月移動平均などから機械的に決める基調判断は、3カ月連続で「下げ止まりを示している」との表現を据え置いた。
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2IN1CL
2020/12/07 14:55

中国の11月輸出は前年比+21.1%、2018年2月以来の大幅な伸び | ロイター

中国税関当局が7日発表した11月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年比21.1%増となり、伸び率はアナリスト予想(12.0%)を上回り、2018年2月以来の大幅な伸びを記録した。
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2IN0Z7
2020/12/07 13:35

セコイア・キャピタルの「ブラックスワン」警告、一転巨大リターンに – Bloomberg

セコイア・キャピタルの「ブラックスワン」警告、一転巨大リターンに - Bloomberg
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と宣言される約1週間前に、世界をリードするベンチャーキャピタル(VC)企業の一角であるセコイアキャピタルは悲惨な予言を行っていた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-07/QKXUGVT1UM1B01
2020/12/07 11:36

5週連続トリプル高の新興国市場、リスク残るも21年の一段高を確信か – Bloomberg

年末期間に相場が冷え込むリスクはあるものの、新興国市場の投資家は現状に不満を言えないだろう。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-07/QKXVP3T1UM0Y01
2020/12/07 11:43

県内企業9月中間決算 自動車部品の復調顕著 コロナ第3波影響を懸念 /静岡 – 毎日新聞

 県内企業の2020年9月中間決算で、新型コロナウイルス感染症の拡大によって苦境に陥っていた自動車部品メーカーの復調が顕著になってきた。サプライチェーン(部品供給網)の寸断や需要の急減に苦しんだ上期から一転、下期は業績回復を予想する企業が目立つ。他方、国内外で感染が再拡大しており、景気の腰折れに対す
https://mainichi.jp/articles/20201207/ddl/k22/020/056000c
2020/12/07 06:43

原油市場の2020年の振り返りと今後の見通し | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。
https://gentosha-go.com/articles/-/30626
2020/12/07 05:06