コロナと温泉

コロナと温泉のニュースヘッドライン 2020/08/19

コロナ禍で「リゾートテレワーク」は普及するのか? 長野県白馬で加速する新たな取り組みを白馬観光開発・和田氏に聞いてきた | トラベルボイス

コロナ禍で「リゾートテレワーク」は普及するのか? 長野県白馬で加速する新たな取り組みを白馬観光開発・和田氏に聞いてきた | トラベルボイス
ウィズコロナで加速する旅行トレンドは、自然を最大の観光素材とする白馬に追い風になっている。従来から世界の10本の指に入るオールシーズンのマウンテンリゾートを目指している白馬観光開発。コロナ禍でその取り組みに変化はあるのか。和田寛社長に聞いてみた。
https://www.travelvoice.jp/20200819-146814
2020/08/19 19:04

〈まちから村から〉玄海町でマルシェ開催 海、山の幸盛りだくさん|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE
コロナと温泉のニュースヘッドライン 2020/12/16〈まちから村から〉玄海町でマルシェ開催 海、山の幸盛りだくさん|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE コロナ禍で玄海町の花...

子どもたちが銭湯のマナーを学ぶ|NHK 首都圏のニュース

子どもたちに銭湯の利用のしかたやマナーを学んでもらう催しが埼玉県熊谷市で開かれ、夏休みの子どもたちが家とは違う大きな湯船で入浴を楽しみまし…
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200819/1000052888.html
2020/08/19 15:05

田んぼに温泉マーク/龍神村 募金も呼び掛け:紀伊民報AGARA

田んぼに温泉マーク/龍神村 募金も呼び掛け:紀伊民報AGARA
和歌山県田辺市龍神村安井で3種類の苗を植え分けてアートを浮かび上がらせている「田んぼアート」の稲が育ち、絵が浮かび上がってきた。高台にある龍神市民センター駐車場から観賞することができる。主催する実行委…
https://www.agara.co.jp/article/76280
2020/08/19 14:30

コロナと温泉のニュースヘッドライン 2020/11/26九州新幹線長崎ルートに「嬉野温泉」、「新大村」駅 - 毎日新聞  JR九州は26日、2022年秋ごろに暫定開業する予定の九州新幹線長...

星のや軽井沢の印象に残るおもてなし、“一度は泊まってみたい憧れの宿”の本当の魅力|ウォーカープラス

「私の知っているところですと、40泊程されたお客様がいらっしゃいます」 「40泊!?」 教えてくれたのは、「星のや軽…
https://www.walkerplus.com/article/1004325/
2020/08/19 11:00

「僧兵まつり」中止が決まる 菰野・湯の山温泉:中日新聞Web

毎年十月に菰野町の湯の山温泉で開かれる「僧兵まつり」の中止が決まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。まつりの実行委員会が十日…
https://www.chunichi.co.jp/article/106794/
2020/08/19 13:36

コロナと温泉のニュースヘッドライン 2020/07/14温泉街の魅力、学生の「気づき」に期待 「日本遺産」認定の長野・別所温泉が若者モニター - 毎日新聞  信州最古の温泉街、別所温泉(長...

過疎地給油所 コロナが追い打ち 地域の「命綱」窮地(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース

過疎地給油所 コロナが追い打ち 地域の「命綱」窮地(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース
 全国の農山村で給油所の減少に歯止めが掛からない。新型コロナウイルスによる移動自粛などでガソリン需要が大幅に落ち込み、経営難に拍車を掛けている。農山村では、給油所は生活や農業のインフラで住民の命綱で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c60ddc634efe0fce1a3584b8e0525f9cf2275c9f
2020/08/19 08:10

日本農業新聞 – 過疎地給油所 コロナが追い打ち 地域の「命綱」窮地

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
https://www.agrinews.co.jp/p51670.html
2020/08/19 07:03

〈新型コロナ〉嬉野市議会が市に要望書 積極的な措置求める|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

嬉野市議会は18日、新型コロナウイルスに対する市の対応について、村上大祐市長に要望書を提出した。市議会が、旅館組合など5団体と意見交換した内容を踏まえ、積極的な措置を講じるように求めた。 市議会の各常任委員会が7月下旬から8月上旬にかけて、嬉野温泉の商店街協同組合や旅館組合、料飲店組合などと意見交換した。意見を集約した資料によると、市の支援策が現場や利用客のニーズとかけ離れていることを指摘する声や、誰もがPCR検査を受けることができる態勢づくりを求める主張などがあった。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/562674
2020/08/19 06:30